2010年01月06日

1月15日沈む太陽が欠ける

2010年1月15日関東より西の地域で部分日食がある。

今回の日食は、日本全国で見ることができるわけではありません。日食が見られるのは関東より西の地域で、西に行くほど大きく欠けるそうです。しかし山などで早く夕陽が沈むと見れないようです。

地名 食の始め   食の最大(食分)    日の入(食分)
那覇 16時48分35秒 17時 58分30秒(0.616) 18時00分55秒(0.615)
福岡 16時45分29秒   --         17時33分16秒(0.586)
京都 16時47分21秒   --         17時10分57秒(0.300)
東京 16時48分17秒   --         16時51分38秒(0.043)

※ただし東京は、太陽が沈んでいる途中で、太陽の下側が欠けていくので、実際には日食は見られません。

*太陽の光はとても強いです。観測にはいろんな方法がありますので、注意してください。

詳しくは http://www.nao.ac.jp/hoshizora/index.html


今年は本当に月が欠け、太陽が欠け、宇宙に対する思い、自然のリズムを感じずにはいられません。

しっかりと自分を見つめることがこれからは益々重要になります。

自然の法則を生活に入れつつ、自分というものをしっかり持ってください。


ラベル:日食 太陽 夕陽
【関連する記事】
posted by 月野うさぎ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。